沖縄のシロアリ

皆様は「こんな小さな虫が、何で危険な害虫なのだろう・・・」と思われるかもしれませんが、シロアリは、いったん家屋に侵入し放っておくと、家屋の木部や家具までも食い散らしてしまいます。

そもそもシロアリは、森林の枯れ木などを好んで食し土に返してくれる益虫のはずなのですが、近年の森林伐採など環境の変化により、白蟻も棲息場所を一般家屋の床下等に移してきております。
もしも床下や壁の隙間等にシロアリの巣(コロニー)などを造られた場合は、素人ではその発見が困難であり、「気が付いたときには、床が抜けたり柱が傾いていた。」などという話もよくあることです。

殊に平成7年の阪神大震災の時、倒壊した家屋に白蟻の食害跡が多く見られ、社会的問題として大きく取り上げられました。

沖縄に棲息するイエシロアリは、季節に関係なく家屋を食い散らす、あなどることのできない昆虫であるため、定期的なシロアリ調査および防除施工は、必要不可欠なのなのです。

沖縄で家屋等に被害を及ぼす主なシロアリの種類

日本に棲息するシロアリは、ミゾガシラシロアリ科・オオシロアリ科・レイビシロアリ科・シロアリ科の四つの科に分けられますが、なかでも建築物に多大な被害を及ぼすシロアリはミゾカシラシロアリ科の『イエシロアリ』『ヤマトシロアリ』の2種類です。

イエシロアリ

イエシロアリ職蟻と兵蟻

沖縄では、イエシロアリの棲息密度が高く、地下に巨大な巣を構築して、新材や乾いた木材までも喰いちらして建物に猛烈なる被害を引き起こす。
職蟻の体長は、7.4~9.4mm程で、水を運ぶ能力に長けており、地上数十メートルまで被害を及ぼす場合もある。また兵蟻の特徴は、頭部が体長の1/3をしめた卵型をしており、刺激を与えると頭部から白い分泌液を出す。沖縄でのイエシロアリの羽蟻の群飛時期は、5月~7月頃であり、夕方から夜間にかけて街灯などに大量に集まってくる。

 

ヤマトシロアリ

ヤマトシロアリ職蟻と兵蟻

ヤマトシロアリ職蟻と兵蟻

北海道の一部を除いた日本全域に分布し、土台・床束など加害場所に巣を作る。
職蟻は、体長4.5~7.5mm程で、湿り気があり腐朽した木材を好んで食べる。
兵蟻の頭部は体長の約1/2の大きさで、長方形である。
沖縄のヤマトシロアリの羽蟻は2月~3月の昼間。とくに雨上がりの日に飛来する。
ヤマトシロアリは、水を運ぶ能力はあるものの少々劣っている、また活動範囲がイエシロアリより狭い。ゆえに被害個所は地面より1m~1.2m以内の場所に多く見られるが、地上2階部分でも常に水が取れる場所では巣を作る。

シロアリの生態

シロアリは一つの巣(コロニー)を、一族社会と位置付けて、フェロモンと呼ばれる化学物質を互いに体内から出し合うことで、微妙なコミュニケーションを図る極めて高度な社会性を樹立しています。

しかも分泌されるフェロモンは、その1個のコロニーでしか通用しない特有のものであり、例えば別のコロニーのシロアリが侵入してきた場合でも、フェロモンの微妙な違いから敵とみなしてしまいます。

シロアリのフェロモンは学術的に、いまだ不明な点が多いと言われていますが、現在発見されている主なフェロモンに「道しるべフェロモン」「警報フェロモン」「階級調整フェロモン」の三つがあります。

道しるべフェロモン

■ 職蟻が仲間を誘導するためのフェロモン

職蟻は絶えず餌場探しをしておりますが、食物源を見つけると左図のように、道しるべフェロモンを分泌し、仲間を餌場に誘導します。為に、シロアリが移動する時には、列が数珠つなぎになります。

警報フェロモン

■ 外敵からコロニーを守る時に出すフェロモン

外敵がコロニーに侵入してきたときなどに警報フェロモンを出します。すると兵蟻は、大顎を重ねて警戒音を発しながら、コロニー防衛のために攻撃を開始し、また職蟻は、土などで防衛壁を造り外敵の侵入に備えます。
よく、シロアリの被害個所を軽く叩くと「キリキリ」と言う音を聞く事がありますが、これは、多くの兵蟻が一斉に警戒音を発している音です。

階級調整フェロモン

■ 階級の調整をするフェロモン
各階級のシロアリの数の比率などを調整するフェロモンです。例えば何らかの原因で兵蟻が減少した時などにフェロモンを分泌して、階級比率を操作し、その必要数を補うようにするなど、まさしく神秘とも言うべきライフ操作を行います。

シロアリはどのように侵入するのか

■ 沖縄の家屋は白蟻被害を受け易い
画像をクリックすると大きな画像が見れます。沖縄の家屋は、台風対策のために、殆どが上の図のような、ブロックやコンクリート(RC)造りになっております。更にまた、どの家屋でも、白蟻侵入対策で土間にコンクリートを打つなど工夫をしているようですが、実際は、築年数が経ちコンクリート部分に亀裂などが生ずると、白蟻は容赦なくそこから侵入してきます。

■ シロアリの侵入の仕方
白蟻の侵入経路を列挙してみますと、次の通りになります。上図と照らし合わせながらご覧下さい。
● 土間コンクリートと、布基礎部分の亀裂から侵入。
● 配電用のパイプ等から侵入。
● ブロックの内部孔から侵入。
● 羽蟻の群飛時期に、家屋に侵入して、水気の多い場所に巣を作る。

シロアリの発見法

建物をシロアリから守るには早期発見がなによりも重要です。シロアリが侵入しているかどうかは、素人でも下記の手がかりで簡単に調べられます。

■ 家屋の周りや庭を調査
白蟻調査のポイントはまず庭の調査から行います。白蟻はコロニーから約50~100mの距離を移動しながら餌場を探します。

もし庭に白蟻の被害が見つかれば、そこから半径50~100m以内にコロニーがあるものと断定でき、家屋にシロアリが侵入する可能性も高い状態にあると言えます。

調査方法は、庭の木材やダンボール箱をどかして、土やコンクリート部分との接触部分を調べます。
また庭の添え木や濡縁の下など、普段日の当たらない場所に食害や蟻道が無いかを調べてみます。
右の写真は、放置されていたベニヤ板をどかした際、シロアリの蟻道を確認した時のものです。

■ 蟻道や蟻土の確認

蟻道(ぎどう)
シロアリは土でつくったトンネル(蟻道)をつくって侵入してきますので、建物の基礎や束石・土台などの表面に蟻道がついていないかを調べましょう。
蟻土(ぎど)
シロアリは木材の割れ目や継ぎ目に排出物や土砂(蟻土)を運んできて詰めたり、盛り上げたりします。ときには内部がシロアリの巣になっていることもあります。

 

■ シロアリの食痕や空洞音
シロアリは木材の軟かい春材部を好んで食べ、硬い秋材部を食い残しますので、木口面では年輪に沿って同心円状の食痕を示します。

またシロアリは光や風を嫌い木材の表層を残して内部だけを侵食しますので、木材の表面から軽くたたいて空洞音がするかどうか確認したり、また強く押したり、ドライバーでほじくってみるのもよいでしょう。
シロアリが侵入して、食害が進んでいる場合は、簡単に穴があいたり、こわれたりします。

右は、すでに柱の中身を全て食い荒らした柱の写真です。既に食べるところが無くなったのか、表面にまで食害が及んでいる状態です。

■ 群飛(羽蟻)…沖縄での群飛の時期
ヤマトシロアリの羽蟻は、2月~3月迄の昼間に群飛。殊に雨上がりで、風のない日に群飛します。

イエシロアリの羽蟻は、5月~7月迄の夜に群飛。電灯や街灯などに群がってきます。

いずれにしても、シロアリの群飛が近所で見られた場合は、シロアリの巣が近くにあると言う事であり、気をつけなければなりません。

更新日:

Copyright© シロアリ駆除|沖縄のバスターズ , 2018 All Rights Reserved.